太陽光発電の仕組みって知っていますか

なんとなく知っているようで、実は知らないことが多いのが太陽光発電ではないでしょうか。
というのも、太陽の光さえあれば発電できるということまでしかわかっていないという人がほとんどといってもいいんじゃないかって思います。
確かに、太陽光だけで発電できるわけですが、どうして、太陽光だけで発電できるのかはわかりますか。
ソーラーパネルは見たことがあると思いますが、どうなっているのかというと、n型シリコンとp型シリコンがあり、太陽光が当たって+と-の電子が生まれます。
2種類の半導体があることで、+と-の電子がn型シリコンとp型シリコンに分かれていくんです。
+と-ができることで、電流が流れ出します。
ただし、ここで作られた電気は直流なので、家庭でも使える交流に変換しなくてはなりません。
変換する機械がパワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーで交流に変換したら、今度は、それぞれの部屋に電気を送らなくてはなりません。
1か所だけで電気を使うというわけではありませんから、電気をそれぞれの部屋に分配します。
そして、電化製品などを動かすというわけです。
余った電気は、電力会社に売電することだってできます。
今、電気がどれくらい作られていて、どれくらい売電できているのかは、モニターを使って簡単に調べることができるでしょう。
これまで、なんとなくしかわかっていなかった太陽光発電だと思いますが、だいたいわかってきたんじゃないでしょうか。
2種類の半導体のおかげで、太陽光だけで発電できますから、音を心配する必要もありません。
屋根があれば、屋根に設置するだけで発電できてしまいますから、家庭でも導入しやすいということがわかるでしょう。
仕組みを知ることで、太陽光発電がより身近に感じられたかもしれません。
なぜ、住宅で発電するとなると、太陽光発電がいいのかがよくわかったと思いますので、安心して導入を検討してみてはいかがでしょうか。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>