設置までの流れを知りましょう

では、いったい、どういう流れで設置することになるのかを調べていきましょう。
まずは、見積もりを依頼したり、相談したりするところから始まります。
どこのメーカーに決めるのかは、とても重要なことですから、かなり慎重になったほうがいいんじゃないかって思います。
新築する場合には、施工業者と相談することもあるでしょう。
どこのメーカーにするのかを決めたら、現地調査をする必要があります。
やはり、実際に、メーカーの人に自分の家の屋根を見てもらうことが大事です。
周りに高い建物がないかとか、屋根の形状なんかも調べていかなくてはなりません。
ほかにも、日射量がどれくらいあるのか、屋根の方角も知る必要があります。
現地調査をしたうえで、どんな商品にするのかを決めることにもなるでしょう。
詳しい見積もりを出してもらって、実際に、自宅の屋根に設置したときにどれくらい売電できるのかのシミュレーションまでしてもらうこともできるかも知れません。
これは、メーカーによっても違ってくると思いますので、売電シミュレーターは必ずあるとは言い切れないんです。
そして、契約して、発注します。
補助金を代理で申請してもらいたいって考えている場合は、この時に確認しておいてください。
自分で補助金の申請をするという場合であっても、確認しておいたほうがいいでしょう。
それから設置工事が始まり、工事が終わると電力会社と契約をします。
どういう契約かというと、余った電力を売電する契約なんです。
ちゃんと契約をしておかないと売電できませんので、大事なポイントといえるでしょう。
そして、運転開始するというわけです。
いろいろな工程があることがわかってもらえたのではないでしょうか。
この流れを頭に入れておけば、スムーズに太陽光発電を導入することができるんじゃないかって思います。
何はともあれ、最初に行うべきことは、どこのメーカーを選ぶのかであって、そこが一番大事なポイントと言えるでしょう。


get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>